HOME » 必見!免疫力を高める方法 » ストレスをためこまない

ストレスをためこまない

免疫力を高める方法のなかの、ストレスをためないことについて紹介しています。

ストレスをためない=免疫力を高める方法

動物が生きていくうえでストレスは必要なものですが、それが過度のものとなると精神的にも肉体的にもさまざま影響をおよぼしてしまうのは周知の事実でしょう。もちろん、免疫力にも影響を与えます

じつは、人のからだには、ストレスを感じると免疫力を下げるはたらきがあるのです

ストレスは、眼前の外敵に対抗するために、脳やからだへの血流を増やすはたらきを担っています。

そのため、免疫への養分輸送は優先順位が下がってしまい、免疫力も低下してしまうというわけです。

免疫だけではなく、同時に各臓器などへの血流も減ってしまいます。ですから、からだが抗ストレス状態のままだと便秘・下痢などの消化器官系の不調、高血圧・頭痛・肩こり・めまいなどの循環器系の不調を患うことになるのです。

病は気から、というのも頷けるのではないでしょうか。

体調面の症状までは出なくても、成長ホルモンや女性ホルモンの分泌が減ってしまったり、肌荒れなどを引き起こりたりすることも多々あります。こうした影響は、とくに女性は避けたいところでしょう。

さらに、ストレスは脳の情報伝達機能も低下させてしまい、物忘れやうつ病といった問題に発展する恐れも(参考:【物忘れ対策マニュアル】ストレス脳が原因で起こる物忘れ)。こうした異常を抱えていると、ストレスの悪循環によってさらに症状が悪化してしまう事も考えられます。

ストレスをためこないためにやりたいこと

笑うことによって免疫力を高める効果が知られているので、ストレスを感じたら(できれば感じる前に)おもしろい映画や漫画を見たり、友人同士で集まって楽しく話をしたりするのもおすすめです。

なにもおなかを抱えて笑う必要はなく、つくり笑いでもOKだとか。

そのほか、ゆっくりとお風呂(温泉もいいですね)につかったり、おいしい食事を楽しんだりすることも効果的。

リラックスして適度にアドレナリンを分泌してあげれば、自然とストレスがやわらいで免疫力も高まるはずです