HOME » 必見!免疫力を高める方法 » 体温を上げる

体温を上げる

免疫力を高める方法を調査しました。ここでは、体温をあげることで免疫力を向上させるしくみについてくわしく紹介しています。

体温をあげて免疫力を高める方法とは

一番簡単なからだの免疫力を高める方法は、体温をあげること。体温は1℃あがると、免疫力はじつに5倍から6倍まで上昇するともいわれています。当然、体温が1℃下がれば相応の免疫力も低下することになります。

がん細胞が一番増殖しやすいとされているのが35℃前後とされています。これは、体温が低いと免疫力も低下し、がん細胞やウイルス・細菌の繁殖を抑えられなくなるためです。

反対にがん細胞は高体温に弱いうえ、38.5℃で免疫細胞・マイクロファージがもっとも活性化することもあり、39℃でがんは死滅してしまいます

さすがに体温を39℃まであげるというのは酷ですが、なるべく体温は高めに保っておくことがからだには大切であることがおわかりいただけるでしょう。

元来、病気にかかったときは熱を下げることに執着してきましたが、免疫力を高める観点からいえば逆効果。

体調の不良を感じたらなるべくからだを温かく保つようにこころがけ、免疫がもっともはたらきやすい環境を整えてあげましょう

からだの体温をあげる方法

体温をあげるには、室温をあげたりあたたかい服装にしたりするのも有用ですが、ここでおすすめしたのはショウガ。

古来より漢方の生薬としても知られるショウガは、発散作用や胃腸を健康状態に保つ作用があり、からだの内側からあたためることでより効率的に免疫のはたらきを助長してくれます。

適度な運動などとあわせつつ、体温を高く保つように心がけてください。

そのほかでは、温熱療法も有効。

電磁波やマイクロ波の機器を使って局部をあたためる方法で、おもにがん治療などに応用されています。