HOME » 免疫力を高める注目の成分・フコイダンとは? » 期待できる効果

期待できる効果

注目成分フコイダンの免疫力を高める効果について紹介しています。成人病への予防効果や、癌などへの効果を調べてみました。

免疫力を高めるフコイダンの癌などへの効果

免疫力を高める効果があることで注目されている、フコイダン。実は免疫力アップのほかにも、癌などの重い病気への効果が期待できることがわかってきました。

そのおもなはたらきをあげてみると、抗高血圧作用、抗コレステロール作用、抗血液凝固作用、抗アレルギー作用、抗ウイルス作用などなど。

なかでも、抗高血圧作用、抗コレステロール作用、抗血液凝固作用は成人病の予防のためにもぜひ知ってきたいはたらきです。

抗高血圧作用

成人病の玄関ともいわれる高血圧の下降にも、フコイダンが作用。腸管内でフコイダンが余分な塩分を吸収するとともに、排泄作用をさせます。

同時に、フコイダンに含まれるカリウムによって、腎臓内のナトリウムを尿中に排出させるので、血圧を下げるはたらきがあります。

抗コレステロール作用

現代人の食生活で摂取しがちなコレステロールにも、低下のはたらきが期待できます。

フコイダンのコレステロールを抑制させる作用については比較的古くから知られ、近年でも遊離コレステロール、中性脂肪、低比重リポタンパク質を低下させたという実験結果が出ています。

抗血液凝固作用

ドロドロの血液をサラサラ血液する力もあるので、循環器系の生活習慣病などの予防も期待できるフコイダン。

血液凝固抑制薬として著名な薬に、多数の硫酸基をもつ強い有機酸であるヘパリンがありますが、フコイダンの抗血液凝固活性は標準的なヘパリンの実に72倍もの力があるという実験結果もあります。

副作用がないフコイダンのさらなる効果とは

このように、さまざまなはたらきをもつフコイダン。しかも、副作用がない点もフコイダンが医学・健康食品分野からの関心を集めているポイントでしょう。

抗がん作用についても知られていますが、まだ臨床段階での治験がなく、成果にも個人差もあるようなので、医学的な確証はありません

しかし、その可能性を秘めていることは覚えておいて損はないでしょう。